50代✿ゆっくりトコミ

仕事、子育て、介護が一段落しました。これらの経験から大切だと思うことや、前向きな考え方などをお伝えしていきます。

MENU

50代夫婦のテニス再開は25年ぶり それはまさしく乱れ打ち

子どもも巣立ち、またテニスをしてみようとふと思いたちました。

 

さあ、ボールをラケットに当てることはできるのでしょうか。

 

そもそも、前や後ろ、左や右へと足は動くのか?

 

コートを取るまでもないということで、近くの公園に夫と二人で出かけました。 

 

f:id:tokomi:20210130203528j:plain

 

こんなはずでは

f:id:tokomi:20200803201951j:plain

「カーン」

「あっっ・・」

「コーン」

「おうっっ・・」

 

フレームに当たったとは思えませんが、何か音が変!?

 

きみまろ氏ではないけれど、「あれから25年!」

 

体重も5キロ以上は増え、体力も衰え、公園のフリースペースで打ち合う二人。


人間ドッグの健康指導で見せられた3キロの脂肪の塊がなぜか思い出されます。

 

あのよけいな塊がこのお腹についているのですから、スムーズにいかないわけです。

 

いや、それともこのボールがもう寿命で、はね具合がおかしいのか?

 

それでも楽しかったテニス

出発してから1時間後には家に帰ってきており、実質どのくらいやったのでしょうか。

 

4~5m離れて、ワンバウンドで打ち合うだけで息が切れてしまいます。

 

コートを取らなくても十分でした。

 

週に1回30分のトレーニングジムに行って運動をしたような気でいましたが、運動ってこういうことなのではと思った次第です。

 

25年ぶりに握ったラケットのグリップに巻いてあるテープは完全な劣化をとげ、手は真っ黒になってしまいました。

 

f:id:tokomi:20200803202158j:plain

 明日はグリップテープを買いに行かなくては。