50代✿ゆっくりトコミ

仕事、子育て、介護が一段落しました。これらの経験から大切だと思うことや、前向きな考え方などをお伝えしていきます。

空き家となった実家で見つけたうれしい春「ふきのとう 主(あるじ)なくとも 顔を出し」

新しい春の訪れ

f:id:tokomi:20210305153958j:plain
f:id:tokomi:20210305153613j:plain

 両親が亡くなり、3年目の春を迎えようとしています。

 

最初の春は気がつかなかったのですが、昨年の春に実家の庭でふきのとうを見つけた時は、感激してしまいました。父も母もいなくなってしまったけれど、ふきのとうは今年も出てきたんだなと。

 

空き家となった実家に、なんとありがたい春の訪れ。

 

3年目の今年にいたっては、待ちきれずに庭さきを探してしまいました。

 

「いたいた。」

 

だれもいない庭で、ふきのとうを見つけ悦に入ります。

ふきのとう事情今昔

 両親が元気だった頃、私は仕事で忙しく、ふきのとうどころではありませんでした。

 

「ほら、ふきのとうが出てきているよ。」

「うん、うん。」

「持っていくかい?」

「ん~いらない。」

「じゃあ、明日は天ぷらにしておくから持っていけばいい。」

「うん、うん。」

 

ふきのとうをしげしげと見つめて喜んでいる今の私をみたら、両親もさぞかし驚くでしょう。

ふきみそと天ぷら

 ふきのとうといえば、ふきみそと天ぷらです。
よくばって両方作ってみました。

f:id:tokomi:20210305153637j:plain
f:id:tokomi:20210305153703j:plain
f:id:tokomi:20210305154626j:plain

先ずはふきみそ。

作り方

1.洗ったふきのとうは、5回程振って水を切ります。

2.ざくざく適当に切って、油でいためます。

3.みそと砂糖を入れてできあがり。

 

ごはんのお供にぴったりです。

天ぷらもあっという間にあがりました。

f:id:tokomi:20210305154020j:plain
f:id:tokomi:20210305153727j:plain

 この時期、300円前後でスーパーに並んでいるふきのとうですが、実家の庭で見つけたとなると、何か特別です。

 

 

 

広告