50代✿ゆっくりトコミ

仕事、子育て、介護が一段落しました。これらの経験から大切だと思うことや、前向きな考え方などをお伝えしていきます。

松田聖子さんが青い珊瑚礁から40周年 これからも見つづけていきたい理由

松田聖子さんの41回目のデビュー記念日(2021.4.1)に、2枚目のシングル「青い珊瑚礁」がセルフカバーされました。

 

発売に際して聖子さんが主演/監督を務めたミュージックビデオがユーチューブで配信され話題をよんでいます。

f:id:tokomi:20210407120747j:plain

懐かしい青い珊瑚礁の曲とともに、「聖子ちゃんカット」のお披露目もされるとのことで、動画に出てくる聖子さんの一挙一動に目が離せませんでした。

 

聖子さんが出てくるとなれば、なぜ見てみたいと思うのか考えてみます。

松田聖子 - 青い珊瑚礁 〜Blue Lagoon〜 - YouTube

ミュージックビデオの感想

f:id:tokomi:20210407120828j:plain

5年前のディナーショーで買ったパンフレットの聖子さんと、変わっているように見えません。

 

50代の5年間で、ここまで変わらずにいられるなんて。

 

高級なエステや美容食品を買えるだけのお金があるといっても、通常の食事をバランスよく食べたり運動することは人にやってもらうわけにはいきません。


同じ50代として、いったいどんな努力をされているのか。

 

白のえり、きれいな水色とピンクのワンピース。

 

どんなにがんばっても一般的に50代が着ることが難しい、かわいめのワンピース。

 

それを着て登場するのが聖子さんなのです。

 

ピンクやお花に象徴されるデビュー当時からのイメージを、今回もそのまま「ばく進」されていました。

 

(以下、聖子ちゃんと呼ばせていただきます。)

 

何を見たいのか

f:id:tokomi:20210407120816j:plain

聖子ちゃんの顔は今どうなっているのか。

 

デビュー当時の初々し顔つきからだんだんと洗練されていく様子を、多くの同世代は、自分の顔の変化以上によく記憶しているのではないでしょうか。

 

40才になった聖子ちゃんは。


50才になった聖子ちゃんは。


もうじき60才になる聖子ちゃんの顔はどうなっているのか‥!

 

ヘアスタイルしかり

年齢的には白髪が増え始め、パサパサし、ボリュームがなくなってくるものですが、聖子ちゃんは?

 

ドレスのデザインと色

今日はどんな素敵なドレスで登場するのか。

 

ボディラインを強調したぴったりなドレスなのか。

 

ふわっとお姫さま風なのか。


黒なのか白なのかピンクなのか!

 

なぜ聖子ちゃんなのか

f:id:tokomi:20210407120800j:plain

自分には果たせなかった「夢」を子どもの中に見つけていく親の立場に似ていると思うのです。

 

《うちの子なんてかわいい顔をしているのだろう》


《こんなにピアノが上手にひけるなんて》


《生徒会長に選ばれるなんて》


《〇〇大学に合格するなんて》


《天才だあ》

 

国民的ヒット曲があまりに多く、10代からのどんな場面にも、聖子ちゃんの曲は流れていました。

 

しっとりしていて圧倒的な声量に加えて、あのキャンディボイス。


アイドル然とした顔だちとスレンダーなボディにピッタリのお姫様ドレス。

 

「声質」と「容姿」と「楽曲」がぴったり重なり、考えれないくらい魅力的な存在へとかけあがっていったのです。

 

アンチもいるでしょうけれど、同世代の半分以上は(あくまで主観です)、何十年とかけてまるで我が子を育てるかのごとく、聖子ちゃんに反応し、大切な存在として見つめてきたのではないでしょうか。

 

何をのぞんでいるのか

 どうして聖子ちゃんなのかと言われることは、自分の子どもをどうして好きなのかと聞かれているようなものです。


早い段階から、盲目的に、無条件で、滅私奉公的に聖子ちゃんを受け入れてきているのです。

 

これからも聖子ちゃんが年齢にあらがい、「松田聖子」をやりとげていく姿を見ていきたいと思います。

こんな聖子ちゃんを見てみたい

f:id:tokomi:20210122155751j:plain

今回のミュージックビデオは、「聖子ちゃんカット」が披露されていました。


しかも、現在のご本人が聖子ちゃんカットで登場となれば、ファンはもう無条件降伏です。

 

このアイディア、よく考えましたよね。

 

できれば、次の企画では極薄メーク(できればノーメーク)の聖子ちゃんが見てみたいです。

 

59才で、あの若さとかわいらしさ。

 

なんとかご検討いただけないでしょうか。

最後に

松田聖子をやれる人は、松田聖子をとことんやりぬいていいのです。

 

これからも、聖子ちゃんに魅せられ続けていくことでしょう。

f:id:tokomi:20210407123940j:plain



 

広告