50代✿ゆっくりトコミ

仕事、子育て、介護が一段落しました。これらの経験から大切だと思うことや、前向きな考え方などをお伝えしていきます。

MENU

夏休みの冷たいおやつ きゅうりがたくさん採れたときにおすすめの一品 きゅうりの粕もみ


f:id:tokomi:20210806141826j:image

夏休みで子どもさんが毎日家にいると、おやつにアイスをせがまれることが多いのではないでしょうか。

 

アイスでも食べないといられないほどの暑さですが、たまには目先をかえて、おやつに冷やしたきゅうりの粕もみはいかがでしょうか。

  

家庭菜園をやっていれば、きゅうりが次から次へとなっている時期でしょうし、スーパーでも安く売られているため、材料費はほとんどかかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きゅうりの粕もみの作りかた

きゅうりの粕もみは、酒粕に好みの量の砂糖を入れ、切ったきゅうりとまぜるだけの簡単なものです。

 


f:id:tokomi:20210806141958j:image

【材料】

きゅうり 2~3本

酒粕   山盛り大1 

砂糖   大1

 

 

1.ボールに酒粕と砂糖をいれてまぜる。
f:id:tokomi:20210806141857j:image

 

2.きゅうりを輪切りにする。

 

3.輪切りにしたきゅうりを1のボールに入れてまぜる。
f:id:tokomi:20210806141910j:image

 

 

冷蔵庫で30分も冷やしておけば、きゅうりから水分がでて、酒粕とほどよくからんでいます。
f:id:tokomi:20210806141930j:image

 

 

みょうがをのせれば、すずしげな大人のおかずになります。
f:id:tokomi:20210806141920j:image

 

 

酒粕の栄養

酒粕はお酒をしぼった残りですが、「残りもの」のイメージとはうらはらに、栄養価の高い食品のようです。

 

「酒粕は、❝神様のおくりもの❞」。

酒粕は健康増進に効果があると昔からいわれていましたが、昨今の健康ブームで、酒粕の栄養価や美肌、アンチエイジング効果などが話題に。

 

酒粕は、米、麹、酵母由来の機能性成分が濃縮された状態で豊富に含まれている、とても優秀な食品といえるでしょう。

 

ブログ|菊正宗ネットショップ より

 

 

育ちざかりのお子さんに必要なたんばく質も含まれています。
f:id:tokomi:20210806142810j:image

 

 

また、ミネラルやビタンミンB類、炭水化物も含まれているため、夏バテ気味で食欲のない時にもおすすめです。

 

 


【おためし価格】やわらか大吟醸酒粕(800g)送料無料

 

 

まとめ

酒粕は奈良漬けや粕漬けの魚など、子どもさんにもなじみのものですが、お酒をしぼった残りですから、アルコール分が含まれています。

 

プールに行く日は、直前よりあとに食べるのがいいでしょう。

 

たまにはおやつをアイスから「栄養価バツグン」のきゅうりの粕もみにかえて、暑い夏休みを乗りきりましょう!

 

  

yukkuritokomi.com

 

 

yukkuritokomi.com